浮腫みが原因で太ることもあるのでラシックスを使う

足のむくみの原因は、同じ姿勢や立ち仕事などを長く続けていると、足の血管やリンパから水分が出て皮膚の下に溜まり、浮腫みが原因で太ることもあることになります。
足がむくんでくると自分で見ても足が太くなっているのを感じます。
またきつめの靴などを履いていると、更にきつくなり足が痛くなってきます。
通常は血液の中にある水分は、体の中を巡って、外に染み出た状態になる事はないのですが、同じ姿勢や立ち仕事を長くしていますと、どうしても心臓から遠い足の部分で、循環が悪くなり、水分が外に染み出た状態のまま元に戻らなくなってしまいます。
運動不足も足のむくみの大きな原因の一つです。
足は心臓よりも下にあり、細くなっていますので、血液を心臓に戻すには大きな力が必要です。
通常健康な人ですと、その補助の役割をふくらはぎが助けてくれます。
ふくらはぎが伸びたり、縮んだりすることによってポンプの役目をして、足に来ている血液を心臓に戻してくれます。
ふくらはぎは第2の心臓などとも呼ばれています。
足の筋肉が弱かったり、疲れていたり、同じ姿勢で無理を重ねていると、この作用がうまくできず、血液はなかなか元に戻れなくなり、次第に膨らんで、血中の水分が外に流れだし、むくみを作っていきます。
そんな状況にならないうちに簡単に治す方法はやはり、薬が早いです。
薬 個人輸入でおすすめの薬は「ラシックス」です。
ラシックスの主成分である、フロセミドは、血管外に漏れ出た分の水分を血管内に集める作用があります。
フロセミドは、腎臓に作用して尿量を増加させることにより、むくみの原因となる過剰な水分と塩分を体外に尿として排出してくれます。
ラシックスはループ利尿薬と呼ばれていて、効果が非常に早く、持続時間が比較的短いため尿量調節が簡単であるという利点があるため、現在発売されている利尿薬の中の第一選択薬となっています。